「音読」と「発音」は、引っ越しました! ▶ 「英語の音読ガイド」

【副業】フェロー・アカデミーで仕事に使える翻訳スキルを学ぶ【評判】

当ページのリンクには広告が含まれています。

「家でできる、英語の仕事を副業にしたい」

そう思っていませんか。


私も将来のこと考え、

「自分の英語のスキルを使ってなにかできないか」

と、以前翻訳業務について調べました。
(実は当時、奥さんが翻訳会社に務めており、内情に詳しいのでした。)

その後、私は翻訳専門学校「フェロー・アカデミー」を見つけ、翻訳のイロハを学びます。

結局、副業にはしませんでしたが
ここの通信講座で翻訳を学び、そのスキルを使って今の仕事をしています。

本記事では、一般的な翻訳業務について解説したあと、

・実際のフェロー・アカデミーの通信コースやその評判について、
・現在の業務にどのように役に立っているか

について紹介しています。

フェロー・アカデミー創立1975年の歴史ある翻訳専門学校です。

通学が基本ですが、通信コースもあります。

フェロー・アカデミーには、
ひと通りコースを終了すれば、すぐに翻訳業務を受注できるしくみもあります。

腕があればすぐに翻訳業務を始めることができるので、

  • 翻訳を仕事に役立てたい人、
  • 副業として翻訳をやってみたい人、
  • 仕事にしたい人

におすすめです。

本記事を最後まで読めば、
フェロー・アカデミーの翻訳コース」について知ることができます。

資料請求は無料です!

コンテンツ

翻訳業について

当時、副業として翻訳を考えていましたが、翻訳業務をやったことがありません。

なので調べてみました。

翻訳は、実務翻訳、文芸翻訳、映像翻訳と3つ

翻訳は職業としては、3つの分野に分かれています。
大きく分けて「実務翻訳」、「文芸翻訳」、「映像翻訳」です。

  • 実務翻訳
    一般企業や官公庁から依頼されるビジネス書籍や学術書、契約書、マニュアルなどのビジネスに関する文書を翻訳する仕事です。

  • 文芸翻訳
    外国語で書かれた小説や絵本、歌詞などを、翻訳する仕事です。

  • 映像翻訳
    海外ドラマや映画の翻訳を行う仕事です。

引用:
https://www.elan-jp.com/zukan/translator_salary.htm

私も今は海外の人と一緒に仕事することが多いですが、そういうときに

海外エンジニアのメールを和訳してお客様にメールする

こういった現場での翻訳も「実務翻訳」に分類されます。

翻訳業の収入は?

副業として考えてましたので、翻訳をしてどれくらい稼げるのか、調べてみました。

すると大体、次のような感じでした。

実務翻訳

実務翻訳の年収はフリーランスの場合、平均300万円~500万円程度です。
分野によるが大体1ワード26円~30円になります。

文芸翻訳

文芸翻訳の平均年収は480万円~800万円程度です。
報酬には、「買い取り方式」と、「印税方式」があります。

  • 買い取り方式
    原稿を出版社が買い取リます。発行部数や売上に関係なく報酬が支払われます。

  • 印税方式
    印税を受け取る方式です。書籍の売れ行きが良いほど報酬も高くなります。
    ベストセラー作品となると数千万円~数億円になることもあります。

映像翻訳

映像翻訳の平均年収は、480万円~600万円程度です。
経験豊富な有名翻訳家になると2,000万円以上稼ぐ人もいます。

吹き替え」と「字幕」のうち、
吹き替え」は特殊技術が必要なために単価が高くなります。

実務翻訳だとクライアントからの報酬は1ワード25円以上です。

あいだに翻訳会社が入ってるともっと安くなります。
これは奥さんが翻訳会社にいたので聞きました。

一方、文芸翻訳の「印税方式」にすれば、

売れれは売れるほど稼げます。

有名なところでは「ハリー・ポッター」の翻訳者の億単位の大金を稼いだ、と話題になったことがありました。

これは文芸翻訳に希望を感じます。できるかどうかはともかく・・・(笑)

その調べていく中で、
大手のフェロー・アカデミーさんが通信講座をやっていることを知りました。

フェロー・アカデミーとは?

調べてみると、1975年創業の翻訳の専門学校です。

通学が中心ですが、通信講座もやってる学校でした。

名称株式会社アメリア・ネットワーク
所在地〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル 2階
設立2001年1月
※1975年、前身となる 「日本翻訳技術協会」として創立
主な事業内容翻訳の専門校「フェロー・アカデミー」の運営
翻訳者ネットワーク「アメリア」の企画運営
会社の概要(アメリア・ホームページより)

翻訳の現役プロが講師陣

フェロー・アカデミーの講師は、
現役プロの翻訳者ばかりです。フェロー・アカデミーの卒業者もいます。

仕事経験に基づいた、
実践的かつ熱意ある指導が評判で、
翻訳業務に役に立つアドバイスをいただくことができます。

仕事につながるサポート体制

フェロー・アカデミーに申し込むと、生徒は自動で「アメリア」の会員になります。

日本最大級の翻訳ネットワーク「アメリア」は、
翻訳会社、出版社、映像制作会社とつながりを持っています。

年間1,500件以上の求人があるコミュニティです。
講座で身につけたスキルを仕事につなげていくことが可能です。

翻訳が上達してきたらアメリアで仕事を探せる

というキャリアのロードマップが、用意されています。

フェロー・アカデミーで学べる内容

フェロー・アカデミーの通信講座では、実務翻訳、文芸翻訳、映像翻訳の3つすべてのコースがあります。

その他に、
基礎的な内容の「翻訳入門」、各分野の専門的な翻訳を学ぶ「マスターコース」もあります。

それぞれ現役の翻訳者がコーチをしてくれます。

  • 翻訳入門
    翻訳の基礎を学ぶ、18のステップからなる講座です。

  • 実務翻訳コース
    翻訳需要の大半を占める実務(産業)翻訳。IT、医療、金融といったビジネスの現場から生活圏まで、あらゆるところで必要とされています。

  • 出版翻訳コース
    ミステリー、児童書、ビジネス書……。原書の世界を日本語で再現し、読者に届ける仕事です。作品の理解力や読み手に配慮した日本語の工夫などが求められます。

  • 映像翻訳コース
    動画配信サービスの普及で翻訳需要は急増。セリフに込められた意味を字幕や吹替で表現します。授業では字幕や吹替の基本ルールから学びます。

  • マスターコース
    プロの入口となる上級講座です。現役で活躍するエキスパート翻訳者のもと、仕事で通用する高度な翻訳力を習得します

出版翻訳のコースの講座は…?

各コースには講座がいくつか用意されています。

たとえば私が興味ある出版翻訳だと

はじめての出版翻訳

期間:3カ月
受講料:39,600円(税込)

出版翻訳講座

期間:6カ月
受講料:59,400円(税込)

リーディング講座

期間:4カ月
受講料:28,600円(税込)

の3つありました。

講座では毎回課題が出され、
課題を提出すると担当講師に添削されて戻ってきます。

その時に質問もできます。

コースを決められない人には

翻訳は学びたいけど、まだいろいろと決めかねている人もいると思います。

「翻訳に興味はあるけれど、まだコースを選べない」
「何が得意なのか苦手なのかわからない」
「何が好きなのかもわからない」

フェロー・アカデミーには、そういうときのためのガイドも用意されています。

フェローでの学び方|フェロー・アカデミーについて

このページで、
「入学してから仕事にできるまで」のロードマップを見てみましょう。

コースを決めるときの参考になります。


コースの種類や内容の詳細はフェロー・アカデミーのサイトにありますので、参照してください。
「翻訳専門学校 フェロー・アカデミー」

資料請求は無料です!

フェロー・アカデミーの評判は?

実際、フェロー・アカデミーの出身者というのは、翻訳者の中にも多くいます。
奥さんがいた翻訳会社のおかかえ翻訳者の中にも出身者がいました。

皆さん、楽しんで学んでいることが分かると思います。

フェロー・アカデミーのコースを受講した感想

私は数年前に「はじめての文芸翻訳」を受講、修了しました。

わかったのは「翻訳には日本語の能力が必要」ということ。考えてみれば当たり前なんですが。

翻訳は、日本語が大事

実際やってみると
意味はわかるけど日本語にするのが難しい。

意味が通るだけだと、全然日本語のテイをなしてないですしね。

結局、
相手に意図やニュアンスを正しく伝えるためには、ある程度の意訳や補完が必要なのだと理解しました。

英語と日本語では
文章の構成も感性も何もかも違いますから、
意味を通すためには必要なことなのだと思います。

また添削のときに講師の方からいただいたコメントの中で、
私の文は

よく言えばシンプル、
悪く言えばぶっきらぼう

なのだそうです。
本当に日本語の方の勉強が必要だなあと思います。

この経験は、今の仕事にかなり役に立ってます。

実務では、意訳をしてコミュニケーションのロスを防ぐ

私は仕事柄、メールの翻訳をすることが多いです。

海外エンジニアのメールを和訳したり、
お客さんのメールを英訳してます。

翻訳をしていく中で、

相手にただしく意図を伝えるために意訳する

ということが当たり前になりました。

おかげさまで訳のせいでトラブルになったことはありません。

実際に翻訳家の道を進みませんでしたが、
日本語の選び方や翻訳のしかたなど、学んだものは多くありました。

フェロー・アカデミーについての注意点について

フェロー・アカデミーって仕事を紹介してくれるの?

紹介というより、
翻訳の求人を見ることできて仕事を取れる、という感じです。

フェロー・アカデミーに申し込むと、
生徒は入会金無料でアメリア会員にもなれます。

そしてアメリアの会員になると、
アメリアのサイトにログインして求人情報を見ることができます。

なので中には

フェロー・アカデミーで添削・指導を受けつつ、
求人でトライアルを申し込む

といった、積極的に仕事を取っていくという人もいるようです。

トライアルは、ひとつの求人に数回あるのが普通みたいで、合否も1ヶ月くらいかかるみたいです。

けっこう大変ですが、
こうやって数社と契約しつつフェロー・アカデミーでスキルを磨いていくのだと思います。

私が考えるより、
仕事として考えている人たちが多いのだと感じました。

また、
ゼミに所属し弟子のような関係になると、先生の仕事の下訳などを任されることもあるようです。

フェロー・アカデミーは開始時期に注意が必要

通学する場合は時期ががあり、4月春がスタートです。

1月に説明会がありますから注意しましょう。

通信講座はいつからでもOKなものが多いですが、
マスターコースだけは、いつもあるわけではありません。

マスターコースは開催するときにホームページで告知されますので、注意しましょう。

返金保証について

講座を申し込んだあと、
キャンセルしたい場合はクーリングオフ制度を利用することができます。

また有料ではありますが、
クーリングオフ期間を過ぎても中途解約もできます。

  • クーリングオフ
    契約書面をお受け取り後から数えて8日以内であれば、無条件で受講契約を解除することができます。

  • 中途解約
    クーリング・オフ期間経過後は、受講期間終了日前日までに書面もしくはメールを送付して、中途解約を行なうことができます。(解約手数料が必要)

詳細は次のリンクを参照してください。
https://www.fellow-academy.com/agreement/

まとめ:フェロー・アカデミーはおすすめです

前述した通り、フェロー・アカデミーで学んだ翻訳スキルは、仕事に役に立ってます。

また翻訳者ネットワーク「アメリア」に参加し、情報誌「Amelia」で翻訳業界のことも知ることもできました。
私のような英語に関わる仕事をしたいけど経験がない、縁がない、という人にもおすすめです。

詳細はフェロー・アカデミーのサイトにありますので、参照してください。

資料請求は無料ですよ!

リーディングの上達について、次の記事で解説してます。

チャンクについても次の記事で解説してます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ