英語のチャンクで練習すれば、リスニングも確実に上達する

当ページのリンクには広告が含まれています。

英語をたくさん聴いているのに、全然リスニングが上達しません……。

いくら練習しても一向にうまくならない。そういうことはよくあります。

筆者も、いくらやっても聞き取れるようになりませんでした。

その原因は、今では当たり前のとこなのですが、当時は悩んだものでした。

ですがそのうちに原因もわかり、その後はリスニングも上達していきました。

いまは昔聞いた洋楽の曲が AFN でかかると、

「こんなこと言ってたのか」

とわかるくらいは聞き取れます。


この記事では、

  1. 英語が聞き取れるためにはどういう能力(スキル)が必要なのか、
  2. どのように上達させればいいのか

を解説していきます。

結論を申せば、

英語の音に慣れたあと、
チャンクを意識して英語の語順で理解していく

こういった練習して行くことで、リスニング上達が上達していきます。

コンテンツ

英語のリスニングに必要な3つのスキルとは?

英語のリスニングができるためには、次の3つの能力(スキル)が必要です。

スキルその1:英語の音がわかる
スキルその2:英語の語順で理解できる
スキルその3:音のボキャブラリーがある

スキルその1:英語の音がわかる

英語の音が聞き取れないと、どんな英単語が話されているかがわかりません。

英語の発音は、母音が20種類、子音が24種類あります。(日本語は母音は5個、子音は13個です。)

まず、これらの発音を聞き取れるようになるための練習をする必要があります。

スキルその2:英語の語順で理解できる

英語の音に慣れてくると、話された英文の単語一つ一つは分かるようになります。
でも、

聞こえても言ってる意味がわからない、

ということもあります。

そういうときは次のどちらかが原因です。

1)英語の語順で理解できない
2)ボキャブラリー問題(音と単語が結びついてない、もしくは本当に知らない)

そのうち

1)言われた語順で理解できない

は、日頃からリーディングで「返り読み」をしている人にありがちです。

英語の語順で意味を理解できるようになるための練習が必要です。

スキルその3:音のボキャブラリーがある

話された単語を知らない場合は仕方ありません。ですが知ってる単語でも間違って発音を覚えていると言われたことがわかりません。

なので、ボキャブラリーを増やすときは発音を確認するようにして、「音のボキャブラリー」を増やすようにします。

これらを解決するには、チャンクを使って練習すると効果的です。

次からは、この3つの練習について、説明していきます。

リスニングのために英語の音を腹落ちさせる練習

英語の音を聞き取れるようになるためには、発音の練習をするのが一般的です。

自分で発音できるようになると、聞いたときにカタカナ発音との違いがわかるようになります。

一番伸びしろがあるので、比較的効果が出やすい分野です。

① 英語の子音と母音を一つ一つ練習する

リピート・アフター・ミー」という練習があります。
先生が話した英語をリピートして、言えるようになるまで繰り返し練習する、というものです。

これを、母音と子音の発音のお手本(動画や音源)を聞きながら練習します。

動画や音源を聞きながら、子音・母音を一つ一つ「リピート・アフターミー」していきます。

(個人差はありますが)1~2週間で今まで聞こえなかった英語の音が聴こえてくるようになります。

次の記事に練習用動画を載せています。便利なので、ぜひ使ってください。
無料で英語の発音練習!BBCラーニングイングリッシュで発音の基礎を学ぶ

② 基本単語1000の発音を練習する

よく使われる基本英単語1000の発音を動画で練習しましょう。

これにより「カタカナ英語」から抜け出します

上で紹介した記事「無料で英語の発音練習!BBCラーニングイングリッシュで発音の基礎を学ぶ」に基本英単語1000の動画リンクがあります。

③ RPアクセント(もしくは GAアクセント)に慣れる

ネイティブ講師に言わせると、英語の発音でいちばん大事なのは「リズム」、だそうです。

イギリスの RPアクセント、もしくはアメリカ標準米語の GAアクセントに慣れましょう。
米語の発音の練習には Rachel’s English がおすすめです。 ( 発音コースはこちら

私はイギリス系の英語なので、このブログではRPアクセントを紹介しています。
イギリス英語が話せない?苦手な人にモダンRPアクセントをわかりやすく解説

イギリス系の英語を練習すると、オーストラリア、ニュージーランド、インドなど、旧イギリス連邦の英語になれることができます。アメリカ英語とは、また違う表現を使うことも多いので勉強しておくと役に立ちます。

ショートコラム:日本人は外来語のカタカナに毒されている

私達は中学生(もしくは小学生)の時から英語を勉強している、と思いがちですが、実際はそうではありません。

私達の周りには、外来語がたくさんあります。カレンダー、ガイドブック、こういった英語から来た外来語がよく目につきます。

これらが本当の発音ならよいのですが、実際に見たり聴いたりするのはカタカナの外来語です。

つまり私たちは子供の頃から間違った発音の英単語に慣れ親しんでいるのです。

これが「日本人の英語はカタカナ英語」と言われる原因です。

なので、発音はやり直すつもりで練習する必要があるのです。

チャンクで「英語の語順で理解する」リスニングの練習

ここからがメインです。話された英語の意味を取る練習を紹介します。

① 英語字幕を使ったリスニングの練習

聞こえた英語を、チャンクごと(2~3単語ごと)にリアルタイムで意味を取る練習をしていきます。

リスニングの練習に今一番オススメなのは、英語字幕を出しながら英語動画を見ることです。

説明には次の動画を使います。

YouTube
How to order fast food in English 🍔🍟 How to order fast food in English 🍔🍟Click this link http://preply.in/ariannita to get a 50% off discount with my discount code ARIANNITA50 on the trial les...

設定(画面右下の歯車アイコン)で、字幕 → 英語に設定、字幕をONにして、英語字幕を表示します。

するとナレーションに合わせて字幕が表示されます。

字幕を参考にしながらチャンクごとに意味を取っていきます。

具体的な例

たとえば、この動画では次のように、チャンクごとに意味を取っていきます。(赤い文字が、話している英語を示しています)

① 「これから、中に入ります」

I’m going to walk inside、

②「そして、メニューをみます」

and check out the menu、

③ 「確認するために」

to see、

④ 「何をオーダーできるかを」

what we can order、

⑤ 「マクドナルドで」

at McDonald’s、

実際は日本語で意味を取っている余裕はありませんが、こんな感じで英文をヒアリングしながら、

音を2~3語くらいごとに意味をとっていく

ようにします。

再生が速すぎる場合は、2から3語くらいごとにポーズを入れながら意味を取っていきましょう。ポーズは、

  • 動画をクリックすると「一時停止」
  • もう一度クリックすると「再開」

で出来ます。

この練習の効果は絶大

この練習は、英語の語順でわかるようになる他に、

  • 知ってる単語と発音が一致してくる
  • 英語の発音の仕方や、リズムなどにも慣れてくる

などの効果もあり、やっているうちにネイティブの話していることがわかるようになってきます。

この方法はアメリカ駐在の先輩から教えてもらいました。

詳しい練習方法については、次の記事で説明しています。
英語字幕付き動画で独学をすると、短期間で実践的な英語が身につきます

②リーディングで「英語の語順で理解する」練習

英文テキストを英語の語順で理解しながら読んでいく練習も効果があります。

英文をチャンクごとに意味を取りながら、英語の語順で理解して読んでいきます。

チャンクごとに意味を取っていく読み方を、チャンクリーディングといいます。

やり方は次の記事でくわしく解説してます。
チャンクリーディングを学ぶと、英文を英語のまま読めるようになります

③リーディングのときに音読しながら理解していく練習

英文テキストを音読しながら意味を理解していく練習も効果があります。

音読をしているとスピードが上がってくるため、日本語で意味を取っていく時間がありません。

特に「返し読み」の癖がついている人、和訳する癖がある人に有効です。

チャンクで「英語の音のボキャブラリー」を増やす

音のボキャブラリーがないと、単語を知ってても発音を知らない、ということも多くなります。

発音を知らないと聴いてもわかりません。

たとえば Python はカタカナでは「パイソン」ですが、実際の音は「パイフォン」に近い発音です。
英文の中に紛れたら、まずわかりません。

音のボキャブラリーも増やしていきましょう。

基本的な英単語は、すでに説明した「基本単語1000の発音を練習する」だけで十分です。

新しい単語の発音は必ず確認しよう

新しい単語に出会ったら、かならず発音を確認しましょう。
Google翻訳を使えば、すぐに発音を聴けます。

チャンクでまるごと発音を覚えよう

ボキャブラリーは単語ごとではなく、2~3語まとめて英文のパーツとして覚えましょう。
句、慣用句、2~3語のかたまり、短い英文など、そのまま覚えてしまいます。要は

チャンクとしておぼえておく

ということです。
たとえば以下の文のような短文は、そのまま覚えてしまいましょう。

What other pastimes do you follow? 

理由は語学としては効率がいいからです。

  1. 聴くとき、読むときは「チャンクごとに意味を取る」し、
  2. 書くとき、話すときは「チャンクを語順で並べていく」からです。

専門用語もできれば名詞ごとではなく、名詞句として覚えたほうがいいでしょう。

たとえば、次のようにです。

musician → a keen musician

そのまま使うときもあれば、keen や musician 部分を別の単語に入れ替えれば、別の意味になります。
こうやって使える幅を広げていきましょう。

自分の好きな分野のボキャブラリーを増やそう

知っておいてほしいのですが、ボキャブラリーは、いつまでたっても十分にはなりません。

プロの同時通訳者も、前日には専門用語を頭につめこんでから、本番に望みます。

どんなにボキャブラリーを増やしても、「充分になるのことは、ほぼ無理なんだ」くらいに思っておいたほうが良いです。

でも日常会話では?と思う人もいるでしょう。

日常会話では「3000語あれば十分」と言われます。

でも実際は世間話と仕事の話は混じってしまいますよね。

有名人のインタビューを聞けば、(演劇などの)その人の得意な分野の専門用語がでてきます。日常会話にも少しずつ専門用語が入ってくるものなのです。

結局、話したいことが興味あることですから、

専門分野 =(イコール) 興味のある分野や、必要な英単語を仕入れていく

というのが、効率的です。

次の記事におすすめの単語帳を書きました。社会人には分野別にセクションが分かれているものをおすすめします。
英語ボキャブラリー本のおすすめ6冊(+1冊)を紹介!(大人向け)

まとめ:リスニングは英語の発音、語順理解、ボキャブラリー

リスニングをするには、3つのスキルが必要だということを説明しました。

1)英語の発音を聞き取る
2)英文を英語の語順で理解する

3)音のボキャブラリー

この記事に書いたことを練習していれば、苦労せずに自然とリスニングができるようになります。

英語の音変化について

次の記事で「英語の音変化」について、解説しています。

音変化は個人差、地域差が激しく、人によって変化したりしなかったり、方言のようなものです。
なので全てを習得する必要はなく、参考程度で十分です。

ただし、シュワだけは大事なので慣れておきましょう。

ボキャブラリーについては、次の2つの記事で詳しく解説しています。

発音については、次の2つの記事で、詳しく解説しています。

字幕付き動画を使った練習については、次の記事で詳しく解説しています。

英語の音読の効果については、次の記事で詳しく解説しています。

チャンクリーディングについては、次の記事で書いてますので参照してください。

チャンクについては、次の記事で解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ