「音読」と「発音」は引っ越しました ▶ 「英語の音読ガイド」

チャンクで英語思考が身につく「イムラン式超英語思考トレーニング」のすすめ(感想・レビュー)

当ページのリンクには広告が含まれています。

この本は、めっちゃおすすめです!

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

「超英語思考」とタイトルにありますが、 この本は、

チャンクを使って
英文を英語で理解し、
英語で思考できるようになる

ためのテキストです。

チャンクを使った英語のトレーニングを通じて

日本語を使わず
英語だけで物事を考えられるようになる

そのためのトレーニングの方法や考え方、練習課題が書かれています。

本書は、
「英語を考える時にどうしても一度日本語で考えてしまう」
という
英語学習の最も根本的な問題に悩む方が
「英語を英語で理解」できるようになるためのトレーニングをする本です。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

内容を紹介していきます。

著:イムラン・スィディキ
¥1,683 (2024/07/14 14:27時点 | Amazon調べ)
コンテンツ

チャンクを使って、英語のまま理解する実践的なトレーニング

チャンクと言うと、

英文を細切れに分けて意味を取っていく

くらいしか認識していない人もいるかもしれません。

ですがチャンク学習は繰り返していくうちに、

英語で物事をかんがえられるようになり、
英文を英語のまま理解できる

ようになる、とても実践的な方法です。

英語を英語の語順で日本語に訳して理解する思考

この本では英語の語順で英文を理解することを英語思考としています。

というわけで私は
英語のままの語順で理解することを
英語思考と呼んでいます。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

実際、
チャンクで英語を理解するクセがついていると、
しぜんと英語の語順のまま理解できるようになります。

たとえ、ところどころ意味がわからなくても
文全体では英語の語順で理解するようになります。

自然に英語を英語でわかるようになる

「あれ?英語のままで理解できるようになるんじゃないの?」

そう思ったあなた、ご安心ください。

この本では、
理解できるようにがんばる、
というより、

トレーニングをしていると
いつのまにか英語のまま理解している

という状態になると言っています。

皆さん、

「 How old are you 」

は日本語を介さなくても、
英語を聞いただけで意味が分かりますよね。

学校で習ってちゃんと理解して、
その後、繰り返し使っているから、
日本語を介さずとも、
英語で理解できるようになったんです。

英語が英語でわかるようになるのは、
あくまで結果であって、
手段ではありません。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

ですが、

「短い英文だからできるんじゃない?」

という声が聞こえてきそうです。

そこで、チャンクです。

チャンクを使って、長い英文も英語で理解

英語を英語で理解するには、

短い文章ではできても、長い文章では難しい

と考える人もいるかも知れません。

そこで イムラン さんが提案しているのが、
チャンクを使うことです。

そのような場合には、
単語単位ではなく、
チャンクという単位で英文を理解してください。

そうすれば、
いちいち英語の文を
日本語に置き換えて考えなくても、
英語の語順のままで理解することができます。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

チャンクごとに意味を理解していけば、

簡単なものは、英語のままでわかり
難しいものは、チャンクでわけて個別に理解する

ようになります。

ところどころ日本語に訳すこともありますが、
そのうち慣れてきて、
だんだん 英語のままで理解できるようになります。

そして自然と、
そのまま理解できるチャンクが増えていきます。

私もチャンクを使っているうちに、

英語のメールや英作文
マインドマップの作成など

英語のアウトプットは自然と
日本語を使わずに、
英語でやるようになりました。

この本では、チャンクで4つのスキルを伸ばすことができる

この本は、

「こむずかしい理屈より、実践的なトレーニングをしたいんだ!」

という人には、ぴったりな内容になっています。

チャンクを使って4つのスキル(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)を効果的にトレーニングできるようになっています。

なので 各チャプターの見出しも

  • 英語思考 リーディング
  • 英語思考 リスニング
  • 英語思考 ライティング
  • 英語思考 スピーキング

となっています。

著:イムラン・スィディキ
¥1,683 (2024/07/14 14:27時点 | Amazon調べ)

チャンクを使った英語思考のインプットトレーニング

英語のインプット(入力)のトレーニングとして、リーディングとリスニングのパートからはじまります。

英語思考リーディング

まずリーディングのパートです。

この本では、半分以上のページがリーディングパートです。

説明パートの見出しは次の2つです。

  • 英文法は勉強しないでください!
  • リーディング トレーニングのやり方

英文法は勉強しないでください!

英文法ではなく、

英文 = 主語(S)+動詞(V)+追加情報1+追加情報2+・・・

という枠組みで英語を理解していくようにいっています。

英文を読む時はあまり難しく考えずに、
S と V が来たら、
あとは説明が続くだけ
と思ってください。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

リーディング トレーニングの内容

このあとは、リーディングのトレーニングパートになります。

短いワンセンテンスから始まり、

  • かんたんな例文
  • 動作系の動詞を使った例文
  • 思考系の動詞を使った例文
  • 時制や句動詞をつかった例文

それぞれの例文は、
次第に情報が追加され、長い例文になっていきます。

リーディングパートだけで、
かなり英語で思考ができるようになると思います。

英語思考リスニング

次はリスニングパートになります。

このパートでは、
英語を聞き取れない理由として、
3つほど原因をあげています。

また、リスニングのときの
「あなたの頭の中の作業」を解説してくれています。

次のトレーニングは

「英語の語順で聞く」
「ネイティブ発音を意識しながら聞く」

という2つのことを
同時にしなくてはいけなくなるので
少しハードルが上がります。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

それでもリーディングトレーニングを続けていくと、
2つの作業もだんだん「楽にできるようになっていく」、とのことです。

そのほか、

  • 「 視覚情報と聴覚情報のズレ」
  • 「発音ギャップ」
  • 「ネイティブ発音優先」

などについて、書かれています。

トレーニングは、音声ファイルをダウンロードして練習します。

チャンクを使った英語思考のアウトプットトレーニング

アウトプットのトレーニングでは、ライティングに重きがおかれています。

トレーニングのポイントや注意点を述べたあと、
トレーニングの課題が続きます。

英語思考ライティング

英語思考ライティングについては
「話すためには書けないといけない」
ということが書かれています。

たくさん話すためには、たくさん書けるようにならなくてはいけません。

「スピーキング」の前に、あるいは「 スピーキング」と並行して「ライティング」をやるかどうかで、 上達に雲泥が差が出るのです。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

このパートも、
はじめは簡単な日本文から、
だんだん長い日本文を英語にしていく

ように、英作文の課題にページが割かれています。

またライティングトレーニングは
スピーキングの練習も兼ねていることから、
「正確性より、英文を作る速さを意識」
するように書かれています。

外国人があなたと話す時に求めているのは、正確性ではなくて、円滑なコミュニケーションなんです。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

英語思考スピーキング

最後の英語思考スピーキングでは、
トレーニングは瞬間英作文に似た感じです。

ですが、基本的な考え方として、
相手と繋がるためのスピーキングについて、言及しています。

なぜなら、 あなたにはそろそろ本質的なコミュニケーション、きちんと説明をするという コミュニケーションをとってもらいたいからです 。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

コミュニケーションというのは、 説明してなんぼです。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

会話というのは、ほとんどの場合、 話している相手との情報や感情、気持ちの共有が最終的な目的だからです。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

まとめ:「イムラン式超英語思考トレーニング」は超おすすめ

最後にイムランさんは、

バイリンガルは、英語でも日本語でもなく、
イメージで考えている。

と結んでいます。

私も含め、バイリンガルの友人は日本人に
「英語と日本語 どちらで考えているんですか?」
と聞かれます。

僕らはみんな同じように
「 言語ではなく、 イメージで考えています」
と答えます。

イムラン式 超英語思考トレーニング(引用:Amazon.co.jp)

私自身、バイリンガルではありませんが、
アウトプットするときは、頭の中は英語チャンクだらけです。

まったく日本語がないとは言えませんが・・・。

何にせよ、
この本を使って英語の学習をしていけば、
いままで伸び悩んでいた人も
英会話ができるようになると思います。

とても良い本です。

著:イムラン・スィディキ
¥1,683 (2024/07/14 14:27時点 | Amazon調べ)
コンテンツ