高い教材は不要。英語音読におすすめの教材を紹介します

当ページのリンクには広告が含まれています。

英語音読用の教材ですが、そこに英文があれば音読は出来るので、正直

なんでもいいんです。

でもそれだと効率的な上達も難しいので
音読テキストの選び方と、おすすめの教材を紹介します。

時間がなくて独学になってしまう人などには参考になると思います。

コンテンツ

英語音読の教材の選び方

英語音読のための教材のおすすめは、次のとおりです。

1位:英語の音声付きテキスト・教本
2位:英語字幕付きの英語動画
3位:英語学習用の英語アプリ

1位:発音できるレベルのテキスト・教本

今の時代に英文テキスト?と思われるかもしれませんが、基礎固めには本・テキストが一番です。

英語に自信がない人は、本を一冊音読することをおすすめします。

発音がわかるくらいの本がおすすめ

英文テキストを選ぶときは、

あなたが発音出来る単語が、全体の80%程度

そういう本がおすすめです。

多少意味は分からなくてもいいです。
ただ、あなたが発音がわかるレベルのものを選びましょう。音読しますので。

音声データは「あるといい」という程度

そのテキストに音声がついているとベターです。

音声が必ず必要なわけではありませんが、正しい発音がわかる方が良いのです。

ですので、CDでも mp3 でも動画でもいいので、
音声がある本やテキストが一番良いです。

2位:英語字幕付きの英語動画

英語の動画を使って音読するのもおすすめです。

最近の youtube は自動字幕機能があります。
なので、英語のニュースを英語字幕付きで見ることが出来ます。

これがとても効果的で、私も英語ニュースを見るときや、英語の練習には英語の字幕を使ってます。

とてもおすすめです。

3位:英語学習用の英語アプリ

英語の学習用アプリもよいです。

動画の話してる部分と同期して、トランスクリプト(文字起こしされた英文)がスクロールされます。

また話されているトランスクリプトの部分がハイライト表示してくれたり、
日本語訳が同時に表示されるなど、アプリならではの機能もあります。

スマホでも見やすくなっていて、音読するのがとても楽です。

英語音読の教材におすすめのテキスト・英語教本

英語音読の教材としてテキストを選ぶとき、おすすめは次のとおりです。

1位:学校の教科書、レッスンに使っているテキスト

拍子抜けするかもしれませんが、一番のおすすめは、

教科書や英会話スクールでつかっているテキスト

です。
理由は次のとおりです。

発音と意味は先生(講師)が教えてくれる

目の前に発音や意味をわかっている人がいるわけです。

分からない発音や意味があったら質問できますし、
音読して間違っていたら修正もしてもらえます。

間違った発音をする心配もありません。

授業やレッスンの予習・復習になる

授業料を払っていますから、レッスンは効率のよいものにしたいですよね。

予習・復習に音読をすることで、効率が高いレッスンにできます。

余計なテキストを購入する必要もない

英語のテキストがすでにあるんですから、それを利用しましょう。

教科書・テキストは講師がよりすぐって選んだものですから、優れたものが多いです。

一冊仕上げれば基礎固めには十分です。

2位:くもんのスーパーステップ・シリーズ

くもんの「中学英語リーディング」は中学レベルの英語で読めるリーディング用テキストです。

色々なテキストを確認してみましたが、「くもんのスーパーステップ・シリーズ」は、とても優れているので、強くおすすめします。

最初に読解のコツを解説してるなど、有用性が高いです。
でも音読メインですので、コツなどは余裕がでてきたらやればいいでしょう。

3位:NHK基礎英語

なんだかんだ言っても最強のテキストです。
自分にあったレベルのテキストを選べるのもいいです。

ただ、一年かけて仕上げるスケジュールになっているので3位としました。

現代人には気の長いスケジュールになっているので、時間がある人にはおすすめです。
NHKラジオ 中学基礎英語のテキストをアマゾンで見る

【定期購読で割引】
NHKの基礎英語のテキストは、Fujisan.co.jpで定期購読を申し込むと、初回もしくはレビュー投稿で500円割引を受けることができます。(送料無料)

Fujisan.co.jp の NHK基礎英語テキスト の定期購読をくわしく見る

4位:音読用の出版物

さいきんは音読用の英語の教本も多く出版されています。

これらは基本的にかなり簡単な英会話文で構成されています。
でも、英語初心者でない限り、会話文はおすすめしません。

普通の日本語会話でも、自分の考えを話すことが多いですよね。
英語でもそれくらいのレベルを目指したいです。

そのためには、会話文より長文読解用の長文のほうが音読にはいいのです。

音読用の教材は、つぎのようなものがあります。

英語音読の教材におすすめのウェブサイト

私が英語音読によく使う、おすすめ Youtube チャンネルは次のとおりです。

音読に使うには、アプリよりサイトの方がいいと感じます。
私自身もパソコンで動画サイトや英語ニュースサイトで、音読をしています。

それは大きい画面のほうが情報量が多く、見やすいからです。
実際画面が大きいので、動画内に英語字幕を表示させて、音読しながらみています。

今のところ、私はほとんど YouTubeの英語動画チャンネルを使って音読をしています。
(方法は、こちらの記事へ)

英語音読の教材におすすめのアプリ

有料アプリは必要ありません。無料で使えるアプリで優秀なものもたくさんありますし、日本語で解説している事が多いと、逆に上達を妨げます。

無料のアプリを使いましょう。

おすすめ順に紹介していきます。

1位:VoiceTube

VoiceTube

Google / Apple

一番のおすすめは VoiceTube です。

動画と同期して、日本語と英語が表示されます。
また同期してスクロールされるので、スマホ画面でもとてもわかりやすいです。
YouTube の動画を使っており、ショート動画もあります。

初めて音読する人も、そうでない人にも超おすすめです。

  • ・再生速度のコントロール:OK
  • ・スクリプトの有無:日本語訳と英語が表示され、自動スクロール
  • ・巻き戻し、先送り機能:センテンス毎

2位:Learn American English Podcast

Learn American English Podcast

Google / Apple

次いでアメリカ英語でおすすめなのが、VOA Learning English です。

VOA Learning English の動画を使ったアプリです。

題材に英語ニュースが使われており、語学留学を考えている人にはおすすめです。

  • 再生速度のコントロール:OK
  • スクリプトの有無:読んでる部分がハイライトされる
  • 巻き戻し、先送り機能:5秒前、10秒先

3位:BBC Podcast

BBC Podcast

Google のみ

世界一の英語教育プログラムを誇る BBC Learning English のアプリもおすすめです。

イギリス英語をちゃんと学びたい人、実用英語、ビジネスに使う英語、留学のためのアカデミックな英語を学びたい人、におすすめです。

世界的にはイギリス英語を話す国も多いので、このブログでも動画を参照させてもらうことが多いです。
筆者が一番参考にしているサイトのアプリです。

  • 再生速度のコントロール:OK
  • スクリプトの有無:あり
  • 巻き戻し、先送り機能:5秒前、10秒先

4位:TEDICT LITE

TEDICT LITE

Google / Apple

TED の内容がトランスクリプト付きで動画の中に表示されます。
TED が好きな人におすすめです。

  • 再生速度のコントロール:Repeat player で再生速度のコントロールが可能。
  • スクリプトの有無:日本語と英語でトランスクリプトがある
  • 巻き戻し、先送り機能:30秒前、30秒先

英語音読の教材のまとめ

音読は、基本的にテキストさえあれば、いつでもどこでも出来ます。

ここで紹介した教材で、音読を続けていけば必ず英語は上達しますので、ぜひがんばってください。

このページで紹介した内容

この記事で紹介した内容については、次の記事でもっと詳しく解説しています。

英語の教科書を音読しまくった話を書いてます。

英語字幕つきの動画で、音読におすすめのチャンネルを、次の記事で紹介しています。

▶ 英語の音読の全体像を、次の記事で紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ