「音読」と「発音」は、引っ越しました! ▶ 「英語の音読ガイド」

動詞チャンク:動詞・述語のはたらきで、アクションや状態を表す英語チャンク

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、チャンクの一つである動詞チャンクについて解説します。

動詞チャンクは英文の述部にあたるチャンクで、アクション(動作)や状態を表します。

コンテンツ

英語の動詞チャンクについて、その範囲

動詞の役割をするチャンクを動詞チャンクといいます。

動詞チャンクの範囲は、次のようになって、動詞句だけではなく、目的語や補語までおよびます。

動詞チャンクの範囲:

  • 助動詞(付属語)
  • 動詞(自立語)
  • 影響がおよぶ対象(目的語や補語や前置詞句)

例えば、SVOO文型 だと VOO、SVOC文型だと VOC が動詞チャンクになります。

  1. (I) would appreciate it.
  2. (The dish) broke.
  3. (He) looked happy (this morning).
  4. (The boy) got injured (in front of the door).
  1. (私は)歓迎します。
  2. (その皿は)壊れた。
  3. (彼は)(今朝)幸せに見える。
  4. (その少年は)(ドアの前で)怪我をした。

カッコ ”()” で囲まれていない部分が全て動詞チャンクです。

「動詞チャンクなんだから、影響範囲は含まれないのでは?」

この記事では「チャンク英文法」に合わせ、「影響範囲」まで含めました。

違和感がある方もいると思いますが、その場合は、

  1. 動詞チャンクは「助動詞+動詞」でいい
  2. それにつづく目的語や補語は、目的格の名詞チャンクや叙述形容詞

という解釈でもまったく実用に問題ないです。

英語動詞チャンクの構造

動詞チャンクは、上に書いたように助動詞、動詞、その対象、の3つからなります。
順番も次のように決まってます。

助動詞動詞(単体、複数)対象

助動詞や対象は省略されることもあります。

要素①:助動詞

助動詞は、「単独では意味を持てない」付属語に分類されます。
自立語である動詞や句動詞に付属して、雰囲気や意味をつけたす役目を持っています。

助動詞については、法助動詞として別の記事で解説しています。
英文法:法助動詞は「出だし」で微妙なニュアンスを伝える

要素②:一般動詞、連結動詞、句動詞など

動詞は、動作や状態を表す自立語です。

「複数の動詞」は、一般動詞連結動詞句動詞などからなります。

※動詞の分類の仕方はいろいろあります。ここでは連結動詞と句動詞、それ以外は一般動詞に便宜上、分類して説明しています。

動詞の種類:

  • 一般動詞
  • 連結動詞
  • 句動詞
一般動詞とは ?

一般動詞》とは、「動作」や「状態」をあらわす普通の動詞のことです。

一般動詞の例:

  • 動作:go(行く)・come(来る)・read(読む)など
  • 状態:know(知っている)・like(好む)・think(思う)など
連結動詞(Linking Verb)とは?

連結動詞》とは、主題(subject)を 述部(predicate)と繋げる動詞です。それ自体は状態を表す、 “Action”のない動詞です。

代表的なものは be動詞です。その他にもいろいろあります。

句動詞(Phrasal Verb)とは?

2語以上の単語からなる動詞です。群動詞、phrasal verb とも言います。

句動詞の例:

  1. I’ll look after my kids. (私は私の子供の世話をしよう)
  2. He entered into the discussion with enough evidence. (彼は充分な論証を持って、話し合いに入った)
  3. Turn to the page 15 in your textbook. (テキストの15ページをめくってください)

句動詞は量が多く、ボキャブラリーとしておぼえていくのが良いです。

句動詞を覚えるにはアスク出版の「イラストでわかる!ネイティブの句動詞」がおすすめです。

著:投野 由紀夫
¥1,408 (2023/02/19 05:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

要素③:対象

名詞チャンク、もしくは形容詞か前置詞句が対象になります。

名詞チャンクのケース

I got to the hotel where we had stayed previously. (以前泊まったホテルに到着した)

上記のオレンジ部分が目的格の名詞チャンクになります。(赤色とオレンジ色が動詞チャンクです)

名詞チャンクについては、次の記事で解説しています。
チャンクの基本は名詞チャンク

形容詞のケース

I felt sad. (私は悲しく感じた)

おなじくオレンジ部分が形容詞になります。

「形容詞チャンク」という分類はありません。
形容詞は名詞を修飾するので、名詞チャンクの一部となるからです。

《形容詞句》という2つ以上の単語からなる形容詞の役割をもつ句の分類はあります。
チャンクは「意味を持つ」単位で区切るので、《形容詞句》もチャンクの一種と言えます。
ですが名詞を修飾するので、やっぱり名詞チャンクの一部になります。

形容詞の叙述用法や比較については、別の記事に書く予定です。

前置詞句のケース

I stood in front of the door. (私は、そのドアの前に立っていた)

おなじくオレンジ部分が前置詞句になります。

まとめ

動詞の役割をする「動詞チャンク」について解説しました。

接続動詞について、次に記事で詳しく解説しています。

チャンクを含め、英会話に必要最小限の英文法について、次の記事でまとめています。

チャンク全般については、次の記事で解説しています。

チャンクの基本、名詞チャンクについては、次の記事で解説しています。

法助動詞については、次の記事で解説しています。

副詞チャンクについては、次の記事で解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ