「音読」と「発音」は引っ越しました ▶ 「英語の音読ガイド」

副詞チャンク:時間や場所など、さまざまな情報を伝える英語チャンク

当ページのリンクには広告が含まれています。

チャンクシリーズの最後は、「副詞チャンク」です。

※ 他のチャンクは次の記事でそれぞれ解説しています。
名詞チャンク:主語、目的語、補語などになる英語チャンクの基本
動詞チャンク:動詞・述語のはたらきで、アクションや状態を表す英語チャンク

この記事で副詞チャンクを徹底解説します。

内容は次のとおりです。

  • 副詞チャンクとは
  • 副詞チャンクの種類と例文
  • 副詞チャンクの作り方
  • 副詞チャンクを使いこなす方法

私は20年以上英語チャンクを使っています。
留学なしでTOEIC850取得し、今も英語で仕事してます。

副詞チャンクを理解すれば、英作文の「出だし、付け足し」がスムースに出来るようになります。
英語で言いたいことを言えるようになります。

コンテンツ

英語副詞チャンクとは ― 副詞チャンクの定義と意味

副詞のように、動詞や形容詞、他の副詞や他の文を修飾するチャンクです。

時間、原因・理由、目的、結果、比較、条件、方法などを表します。

副詞チャンクの役割

副詞チャンクとは、2語以上の単語のカタマリで副詞の役割をするものです。

副詞チャンクは大きく分けると、主に次の役割があります。

1.述部を修飾する「動詞修飾
2.文全体を修飾する「文修飾

他にも形容詞を修飾したり、他の副詞を修飾することもあります。

英語副詞チャンクの位置

文頭動詞の前(be動詞は後ろ)、文末、のいずれかになります。

動詞の前後に置かれる副詞チャンクは1〜2語の短いものになります。

She never eats vegetables.
(彼女は、野菜を食べない)

They no longer live in the city.
(彼らはもう、その都市には住んでいない)

句や従属節になると、文頭もしくは文末に置かれます。

英語副詞チャンクの重要性

副詞チャンクには次のような役割があります。

  • 時系列、場所、手段、理由、結果などの情報を追加する
  • 理由と結果の因果関係、条件や比較を示す
  • 感情、感想を強調する

このように副詞チャンクをつかうと、英文の表現を豊かになり、コミュニケーションがスムーズになります。

副詞チャンクの種類

副詞チャンクには、大きく分けて、副詞単体、副詞句、副詞従属節の3種類があります。

副詞句と副詞従属節は多岐にわたるため、そのうち次の4種類について解説します。

①副詞のみの副詞チャンク

副詞のみで構成された副詞チャンクです。

a. I’m really tired today.
b. She is completely fluent in Spanish.
c. He speaks English quickly and accurately.
d. I just now realized my mistake.

a.は really
b.は completely
c.は quickly and accurately
d.は just now

が副詞チャンクです。

②前置句の副詞チャンク

前置詞+名詞で構成された副詞チャンクです。

She walked through the park, past the fountain, and into the library.
(彼女は公園を通り抜け、噴水の前を通って図書館に入りました。)

前置詞+名詞で、場所とアクション・状態の種類を表しています。

前置詞+名詞の例文をもっと見る

He was born in Paris, but he grew up in London.
(彼はパリで生まれましたが、ロンドンで育ちました。)

Despite the rain, we still went for a walk.
(雨が降っていたにもかかわらず、私たちは散歩に出かけました。)

③分詞構文の副詞チャンク

分詞構文を使った副詞チャンクです。

Walking down the street, I saw an old friend.
(通りを歩いていると、古い友人に会いました。)

分詞構文を使うと、主語を省略して単文レベルの情報を表現することができます。

分詞構文の例文をもっと見る

The book, written by a famous author, became a bestseller.
(有名な作家によって書かれたその本はベストセラーになりました。)

Feeling tired after a long day, she took a hot bath.
(長い1日の後、疲れていたので彼女は熱いお風呂に入りました。)

④副詞従属節の副詞チャンク

主語と述語を持った従属節の副詞チャンクです。副詞の役割を持った従属節になります。

After he finished his homework, he watched TV.
(彼は宿題を終えた後、テレビを見ました。)

※ 副詞従属節の種類:副詞従属節の種類は多いので、次にリストします。これらが全て副詞チャンクとなります。

副詞従属節のリストをみる

副詞節には、以下のような種類があります。

時間を表す副詞節(Temporal clause)
時間の副詞(when, while, as, before, after, since, until, etc.)で導かれる節で、主節との時間的関係を表します。
例:I will go to bed when I finish this book.(私はこの本を読み終えたら寝ます。)

原因・理由を表す副詞節(Causal clause)
原因や理由を表す副詞(because, since, as, etc.)で導かれる節で、主節との原因的な関係を表します。
例:Since it’s raining, we’ll stay indoors.(雨が降っているので、室内にいましょう。)

目的を表す副詞節(Final clause)
目的を表す副詞(so that, in order that, etc.)で導かれる節で、主節の目的を表します。
例:I bought a new dress so that I could wear it to the party.(私はパーティーで着るために新しいドレスを買いました。)

結果を表す副詞節(Consecutive clause)
結果を表す副詞(so, such, etc.)で導かれる節で、主節との結果的な関係を表します。
例:She was so tired that she fell asleep immediately.(彼女はとても疲れていたので、すぐに眠りにつきました。)

条件を表す副詞節(Conditional clause)
条件を表す副詞(if, unless, etc.)で導かれる節で、主節との条件的な関係を表します。
例:If it rains tomorrow, we’ll stay indoors.(明日雨が降ったら、室内にいるつもりです。)

比較を表す副詞節(Comparative clause)
比較を表す副詞(than, as, etc.)で導かれる節で、主節との比較的な関係を表します。
例:She runs faster than I do.(彼女は私よりも速く走ります。)

方式を表す副詞節(Manner clause)
方式を表す副詞(as, like, etc.)で導かれる節で、主節との方法的な関係を表します。
例:He drives like a maniac.(彼は狂ったように運転します。)

場所を表す副詞節(Locative clause)
場所を表す副詞(where, wherever, etc.)で導かれる節で、主節との場所的な関係を表します。
例:I’ll meet you where we first met.(最初に会った場所で会いましょう。)

比例を表す副詞節(Proportional clause)
比例を表す副詞(as, the more, the less, etc.)で導かれる節で、主節との比例的な関係を表します。
例:The harder you work, the more successful you’ll be.(一生懸命働けば働くほど成功するでしょう。)

説明を表す副詞節(Explanatory clause)
説明を表す副詞(as, since, etc.)で導かれる節で、主節の説明や理由を示します。
例:As she had a headache, she stayed home.(彼女は頭痛があったため、家にいました。)

感情を表す副詞節(Emphatic clause)
感情を表す副詞(that, how, etc.)で導かれる節で、主節の感情や強調を示します。
例:I’m so happy that I could cry.(とても幸せで、泣き出しそうです。)

様態を表す副詞節(Conditional clause):様態を表す副詞(as if, as though, etc.)で導かれる節で、主節との様態的な関係を表します。
例:He looked at me as if I were crazy.(私が狂っているかのように私を見ました。)

英語副詞チャンクの作り方

チャンクの作り方と言っても、特別なことはありません。今までと同様に「出だし、付け足し」でいきます。

副詞のみの副詞チャンク
前置詞からはじめるパターン
分詞構文の副詞チャンク
副詞従属節の副詞チャンク
慣用句を使うパターン

①副詞のみの副詞チャンク

名詞チャンクと動詞チャンクで英文を作った後、副詞を付け足します。

She sings ・・・ beautifully.
(彼女は美しく歌います。)

The dog barked ・・・ loudly.
(犬は大きな声で吠えました。)

文頭に置くことも可能です。

Often, people who are shy find it hard to make friends.
(多くの場合、内向的な人は友達を作ることが難しいと感じます。)

This time I have to speak up.
(今回は自分の意見を言わなければなりません。)

②前置詞からはじめるパターン

場所ゃ時間などの情報を付け足す時は、前置詞+名詞がシンプルです。

She’s sitting ・・・ in front of the computer.
(彼女はコンピューターの前に座っています。)

前置詞+名詞の例文をもっと見る

He’s walking ・・・ toward the building.
(彼は建物に向かって歩いています。)

The book is ・・・ between the two lamps.
(本は2つのランプの間にあります。)

She’s standing ・・・ behind the tree.
(彼女は木の後ろに立っています。)

③分詞構文の副詞チャンク

まず動詞の現在分詞(もしくは過去分詞)を延べ、情報を付け足していきます。

現在分詞の例:

Walking down the street, I saw an old friend from high school.
(通りを歩いていると、高校時代の友人に会いました。)

過去分詞の例:

Exhausted from the long day, she went straight to bed.
(長い1日で疲れ果てて、彼女はすぐにベッドに入りました。)

④副詞従属節の副詞チャンク

まず接続詞を延べ、次に主部・述部で文を作っていきます。

After I finish my work, I’ll meet you for lunch.
(仕事を終えたら、昼食に会いに行きます。)

主部と述部はそれぞれ、名詞チャンク動詞チャンクを使います。(この例では、名詞単体、動詞単体を使ってます)

副詞従属節の例文をもっと見る

Although it was raining, he still went for a run.
(雨が降っていたけど、彼はそれでもジョギングに行きました。)

Because he missed the train, he was late for the meeting.
(電車に乗り遅れたため、彼はミーティングに遅刻しました。)

When she arrived at the party, everyone had already left.
(彼女がパーティーに到着したとき、すでに誰もいなくなっていました。)

Since I don’t have any plans tonight, I think I’ll stay in and watch a movie.
(今晩は予定がないので、家にいて映画を見ようと思います。)

⑤慣用句を使うパターン

出だしに慣用句を使うパターンもあります。

Against all odds, he managed to finish the race in first place.
(あらゆる困難にもかかわらず、彼はレースを1位で終えることができた。)

慣用句を出だしに使うと、表現のバリエーションが広がります。

慣用句の例文をもっと見る

Come rain or shine, I’ll be there to support you.
(どんなに天気が悪くても、私はあなたをサポートするためにそこにいるよ。)

In the blink of an eye, the car swerved off the road.
(一瞬のうちに、車は道から外れてしまった。)

For better or for worse, we’ll face whatever challenges come our way together.
(良いことも悪いことも、私たちは一緒にやってきた課題に立ち向かうつもりです。)

In the nick of time, he arrived just as the train was about to leave.
(間一髪で、列車が出発する直前に彼が到着した。)

英語副詞チャンクの使いこなし方

積極的に副詞チャンクを使って、練習しましょう。次の練習が効果的です。

  • ネイティブスピーカーの発音を聞いて、真似する。
  • 副詞チャンクを使って、瞬間英作文をする
  • できた英文を、音読する
  • 録音して自分の発音をチェックする。

英語チャンクの使い方については、次の記事で解説していますので、参照してください。
英語の会話力をアップさせる!チャンク学習について徹底解説

まとめ

この記事では、「副詞チャンク」について解説しました。

  • 副詞チャンクとは
  • 副詞チャンクの種類と例文
  • 副詞チャンクの作り方
  • 副詞チャンクを使いこなす方法

副詞チャンクを理解すれば、英作文のときの「出だし、付け足し」がスムースに出来るようになります。
英文の表現を豊かになり、英語で言いたいことを言えるようになります。

コミュニケーションもスムーズになります。

他のチャンクと合わせて、是非つかってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ